DX推進に関する取り組み

DX経営方針

  • 市場認識

    超少子高齢化という日本の労働環境を背景に、デジタル技術を活用した製品・サービス向上および業務生産性の向上は、今や業種業態を問わず企業としての命題になってきています。このデジタルトランスフォーメーションの推進により、企業が収益性、生産性を向上させて競争上の優位性を高めていくことは、サステナブルな企業への変革であるとともに、地域社会においてもより利便性の高いサービスを提供できる、いわゆるサステナブルな社会創造へとつながります。
    これらを実現する課題として、老朽化したレガシーシステムからの脱却、IT人材の不足、DX推進チームの設立難易度などが挙げられます。

  • 当社の経営方針

    デロフトはDX世代に設立されたデジタルネイティブカンパニーとして、社内業務のデジタル化やフレキシブルな働き方を土台にあらゆる業務の効率化・自動化を進め、社員の生産性を高めていきます。
    加えて、DX推進にかかる情報の吸収と発信、デジタルツールの取り扱いと販売、DXノウハウの実践と提供という当社事業を通して、様々な顧客の抱える課題解決をご支援することで、競争上の優位性を確立します。

DX推進戦略

  • 既存事業の推進と深化

    企業に対してのDX社内推進支援、デジタルサービス開発支援、デジタルツール導入支援を、顧客特有の業界・業態にあわせて柔軟にカスタマイズし提供していく。またこれらの事業を推進することによって、DXソリューションのハブ役として企業ブランディングを推進します。

  • IT技術・デジタルツールの積極的活用

    会社の成長、業務の肥大化・複雑化にあわせて必要となるデジタルツールの導入には、単一の業務を賄うことのみではなく、社内業務のプラットフォームとして足りえるかという選定方針を備え、可用性の高いシステムを運用することで当社のDXを推進していきます。

DX推進体制

『DXhub25』プロジェクト

当社のDXを推進するために、『DXhub25』プロジェクトを設置し、社長の岸本が責任者になりました。
IT人材育成のために関連資格の取得支援および取得人数、企業へのDX関連オンラインセミナー開催数をベンチマークとし、DX推進に取り組んで参ります。
『DXhub25』プロジェクトは、すべての社員がメンバーとして加わり、社員のITリテラシー向上を目的とした社内教育と関連資格の取得勉強会および、DX関連情報のセミナーによる情報発信を行うべく、社長の岸本自らプロジェクト推進を行っています。

『DXhub25』の達成状況を計る指標

達成状況の指標

既存事業の推進・深化
第1期目標 7850万円
IT関連取得者数
当社規定のDX関連資格取得者数とする。3人。
オンラインセミナーによるDX関連情報発信
年間40回

代表取締役メッセージ

超少子高齢化という日本の労働環境を背景に、デジタル技術を活用した製品・サービス向上および業務生産性の向上は、今や業種業態を問わず企業としての命題になってきています。このデジタルトランスフォーメーションの推進により、企業が収益性、生産性を向上させて競争上の優位性を高めていくことは、サステナブルな企業への変革であるとともに、地域社会においてもより利便性の高いサービスを提供できる、いわゆるサステナブルな社会創造へとつながります。
これらを実現する課題として、老朽化したレガシーシステムからの脱却、IT人材の不足、DX推進チームの設立難易度などが挙げられます。
デロフトはDX世代に設立されたデジタルネイティブカンパニーとして、社内業務のデジタル化やフレキシブルな働き方を土台にあらゆる業務の効率化・自動化を進め、社員の生産性を高めていきます。

加えて、DX推進にかかる情報の吸収と発信、デジタルツールの取り扱いと販売、DXノウハウの実践と提供という当社事業を通して、様々な顧客の抱える課題解決をご支援することで、競争上の優位性を確立します。

2022年6月20日制定
株式会社デロフト
代表取締役 岸本 誠

Contact